PRODUCT製品紹介

PFOA懸念への取り組み

PFOA懸念とAGCセイミケミカルのフッ素系製品について

1.PFOA懸念とは

PFOAとは、パーフルオロオクタン酸の略称で自然界には存在しない人工の化学物質です。
PFOAはその塩類がフッ素ポリマーの重合助剤として使用されてきました。
PFOAは化学的にきわめて安定な物質であるため、自然界で分解されずに残留すると考えられています。また一旦生体内に取り込まれると排出されにくい性質(生体蓄積性)があること、更には長期にわたり摂取した場合毒性を発現することが環境・安全上の懸念材料とされています。2000年以降各国で様々な調査・研究が行われていますが、人体に対するリスクレベルは確定できておらず法的な規制指針は決定されていません。
生体蓄積性に懸念がもたれるフッ素化合物にはPFOA(パーフルオロオクタン酸)の他に、PFOS(パーフルオロスルホン酸)、長鎖PFCAs(PFOAよりも炭素数の多いパーフルオロカルボン酸)があります。生体蓄積性や毒性はこれらの化合物の炭素数が8個以上の場合に高いレベルになると考えられています。

2.米国環境保護局とAGCの対応について

米国環境保護局は2006年1月、AGCなど8社に対して、PFOA、PFOA類縁物質、および、それらの前駆体物質の排出量及び製品中の含有量を《2000年を基準年に2010年までに95%、2015年までに100%削減》というスケジュールで削減するよう呼びかけました。
これをステュワードシッププログラム(Stewardship Program)と言います。弊社を含むAGCグループもこの呼びかけに賛同し、プログラムへの参加を表明しております。

3.AGCセイミケミカルのフッ素系製品について

従来のAGCセイミケミカルのフッ素系製品の主成分はPFOAそのものではありませんが、極微量のPFOAが不純物として含有されていること、また分解してPFOAを生成する可能性が挙げられます。
これらの現状を踏まえ、AGCセイミケミカルでは、懸念のレベルであっても排除するべきとの考えから、いち早くPFOA懸念に対応した新しい製品をご紹介させて頂いております。
新しい製品は、パーフルオロアルキル基の炭素数が6以下であるため、分解してもPFOAないしは長鎖PFCAsになることは出来ません。
本ホームページに記載の製品は、すべてこのPFOA懸念に対応したものとなっております。